blog

2016/11/16 10:43

「いごねり」ってご存知ですか?


佐渡島の方や、佐渡島にご縁のある方はもちろんご存知ですよね~。
佐渡島(新潟県)では、冠婚葬祭には欠かせない食材として昔から親しまれています。


新潟以外では販売している場所が少ないため、多くの方は目に触れる機会がほとんどないかもしれません。



「いごねり」は、日本海に生育する希少な「いご草(いごのり、えごのり)」という海藻から作られています。
いご草を煮溶かしてよく練って薄く板状に広げて冷やすと、いご草の力で自然に固まってきます。
(寒天やところ天と同じ原理です。)


いごねりは、いご草100%で作られている無添加、低カロリーの健康食品と言えます。
水溶性の食物繊維がたっぷりなので様々な健康効果をもたらします。


催事販売中によくお客様から、
「こんにゃくみたいなもの?」と聞かれます。

見た目はこんにゃくのようですが、舌触りはこんにゃくよりザラッとしていて、磯の香りが口の中いっぱいに広がります。


いごねりを7㎜位の麺状に切りネギや生姜などの薬味をのせ、お醤油をかけて頂くのが一般的です。



くせがない食品なので、他にも酢味噌やポン酢、めんつゆなどお好みの味付けでお召し上がり頂けます。

私はみょうがが好きなのでみょうがと生姜で食べることもあります。
(みょうがは邪道みたいですが…^^;)



佐渡島では「いごねり」として親しまれていますが、他の地域にも似たような食品があります。

佐渡島「いごねり」→いご草100%
福岡「おきゅうと」→いご草70%、いぎす(いご草と同じ紅藻類の海藻)30%
鳥取「いぎす」→いぎす100%

各地域によって違いがあって面白いですね。
今度食べ比べをしてみたいです。


          



5,000円以上のお買上で 送料無料 キャンペーン実施中!

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

↑LINE@に登録して頂ければ、旅先で見つけた美味しい食材や催事販売・セール情報などをお届けします!