blog

2017/03/07 16:22

『いしる』とは、石川県奥能登で作られる魚醤のことです。



材料はイカ(内臓)と食塩だけ、ととてもシンプルです。
1年以上かけてじっくり熟成・発酵させて作られた、天然発酵調味料です。

「しょっつる」や「いかなご醤油」などと共に日本三大魚醤とされています。

イカの肝を連想させるような味がしますが、まったく臭みはなく深い旨みを感じられ、様々な料理に使うことができます。
いつもの料理に少し入れるだけで、味に深みと独特の香りが付き、いつもとは違う味になります。
どんな料理にも合うので万能調味料としてお使い頂けます。

例えば、納豆やお豆腐にそのままかけて。


また、いつもの炒め物に。
(いしると酒のみで十分美味しくなりますよ^^)


焼うどんに

いしるが旨みたっぷりなので、だし要らずで作ることができます。
(いしる、酒、みりんで味付けしました。)

煮物もだし要らずでいけます♪


炊込みご飯にもよく合います。
今回はイカを入れて炊きましたが、なくてもコクや旨みが十分あるので美味しいです。

【材料】
米  2合
イカ 1/2杯(食べやすい大きさに切る)
ごぼう 1本(ささがき)
〇いしる 大さじ2
〇酒   小さじ1
〇みりん 小さじ1

【作り方】
米を研ぎ炊飯器に入れ、〇の材料も入れる。
規定の線まで水を入れ、イカとごぼうを入れて炊飯。



イカをいしるで漬ける「イカの漬け丼」もおススメです。
【材料】
〇刺身用イカそうめん 1パック
〇いしる  大さじ1
〇みりん  大さじ1
卵黄   1こ
刻みのり 適量
万能ねぎ 適量
大葉   1枚

【作り方】
①〇の材料を合わせ、5~10分置く。
②ご飯に①と、残りの材料をのせて出来上がり。

どれも簡単な料理なので、ぜひ作ってみてください♪

石川県には、他にもいしるを使った郷土料理がいくつかあります。
ぜひご覧ください。
記事はこちら↓